島田先生.jpg

教士七段

島田稔(しまだみのる)

​大野剣友会会長。市川市剣道連盟顧問。生涯をかけて剣道を追求。早稲田大。鹿島建設の大将として活躍。父と共に国体に出場するなど実績多数。大野剣友会では創立以来40年間剣士の育成に尽力してきた。緻密な理論と比類なき情熱。「剣道を楽しむ心があれば十分です。剣道を通じて人生を楽しみましょう。

菅井先生新.jpg

教士七段

菅井宏(すがいひろし)

学生時代は柔道部。小学生の息子が剣道の全国大会に出場したことに触発されて38歳で剣道を開始。遅いスタートをものともせずに七段まで昇段した鉄人。理想の手の内を追求し小判型をミリ単位で研究するなど、剣道具の創意工夫にも定評あり。生き物全般が大好きで、魚釣りとナマズの飼育は玄人はだし。

高中先生ホームページプロフィール用.jpg

剣道七段

高中俊介(たかなかしゅんすけ)

中学2年で剣道を始めて以来幾年月。「昇段審査では苦労したクチ」だけに「そういう人の気持ちはよくわかります」。応じ胴の名手。かつて経営していた居酒屋『兵助』には有名剣士が全国から多数来店。多彩な人脈を持つ。奥深い知識と経験に基づく剣道砲弾が好評。2019年市川浦安シニア大会65歳以上の部第3位。

萩野先生.jpg

剣道五段

萩野昭斎(はぎのあきよし)

市川市剣道連盟理事。岡山南高校で剣道開始、約20年のブランクを経て再開。以来数十年、大野剣で剣道にいそしむ。初心者指導の手腕は一級品で10年以上昔の教え子からも厚く信頼され慕われる。「萩野先生に剣道を習うと学校の成績が上がる」という不思議な伝説を持つ。当HPのお問い合わせ担当。

見崎の兄貴.jpg

剣道四段

見﨑一彦(みさきかずひこ)

市川市剣道連盟評議員。マンガの影響で中学時代に剣道開始。指導者なしで川越市団体準優勝。高校ではレスリング部に所属し2度の埼玉県高校王者となるも「本当は剣道がやりたかった」。40代後半で息子とともに大野剣入会。年齢不相応の高い運動能力で2017年市民大会60歳以上の部3位。ゴルフは下手の横好き。

堀畑先生プロフィール写真.jpg

剣道五段

堀畑雅哉(ほりはたまさや)

小4の時に小野派一刀流系の古流道場で剣道開始。市川五中剣道部。30代後半、剣道再開。五輪書を原文から研究。ブログ『花ちゃん姉妹のパパ剣道日誌』更新中。小学生時に数度会った小川忠太郎範士にならい「剣道を正しく楽しく仲良く少年少女剣士と共に学んでゆきたい」。果てなき剣の道を趣味の大型バイクツーリングのように悠然と進む。二人の娘は宝。

鎌田鈴子.jpg

剣道四段

鎌田鈴子(かまたすずこ)

大学時代は合気道部。やんちゃな息子たちに礼儀を教えるため息子たちに続き入会。長男は東京大学大学院を経て三菱商事剣道部、次男は東北大学で全日本学生選手権出場ののち日本製鉄剣道部、三男は九州大学剣道部で活躍。夢は「息子たちから一本を取ること」。夫の転勤に伴う3年間の大阪生活でも剣道修行を続行し、四段合格を手土産として2020年、大野剣に凱旋。

吉田4.jpg

剣道五段

吉田順(よしだじゅん)

元下貝塚中学校剣道部主将、元国府台高校剣道部主将。中学の部活で剣道開始も指導者のいない稽古場で我流稽古を重ね高校で挫折。約20年後、大野剣の体験稽古で島田会長から「お前のは剣道ではなくチャンバラだ!直せ!」と喝破され、感動して即時入会。2019年市民大会40歳代の部3位。当ホームページの管理人。

島田美穂_edited.jpg

剣道四段

島田美穂(しまだみほ)

祖父の代からの剣道一家に生まれ、幼少時に父から習った剣道を10数年ぶりに再開。ちなみに父とは島田稔会長。小手返し面の切れ味は絶品。市民大会で男性七段を撃破したことも。2015年市民大会女子40歳以上の部準優勝。愛犬家。地元でブティックを経営する大野剣のファッションリーダー。

e8a4f6_e98dea103dc848db9703204d66be0256.

剣道五段

富田高之(とみたたかゆき)

市川学園出身。学生時代から大野剣で学ぶ。多彩な剣技を持つテクニシャン。得意技は面抜き胴。娘が中学入学と同時に剣道部に入部したため、己が剣にもますます熱がこもる。六段審査を目指して、目下修行にまい進中。

山本有子.jpg

剣道三段

山本有子(やまもとゆうこ)

息子の大野剣入会を契機に自らも剣道を開始。大人になっても剣道を始められること、楽しめることを実証し、かつ大野剣に婦人部の道を開いた功労者。稽古熱心さは大野剣随一。婦人部の精神的支柱。初孫の産声に負け時と気勢高らかに竹刀を振るう。「自分なりによい剣道を目指します」

見崎奥様.jpg

剣道三段

見崎まみ(みさきまみ)

息子と夫が大野剣に入会し「親子・夫婦のコミュニケーションのために」と自らも剣道を始めた。上記の見﨑一彦は夫。小柄で華奢な容姿から「かよわい女性」と見られがちだが実は大野剣の副会長として組織を束ねるフィクサー。得意技は優しいタッチのイラスト。

鈴木さん.jpg

剣道三段

鈴木陽子(すずきようこ)

四人の子どもを育て上げたビッグママ。息子とともに大野剣に入会したが、気づけば息子よりも長く剣の道を歩む。「恐れ多いから私をホームページの指導者欄に載せないで」と発言は控えめだが、思い切りのよい「まっすぐな正面打ち」は大胆そのもの。名前の通りの太陽のような笑顔で大野剣を温かく見守る、朗らかな女流剣士。

たくみ.jpg

剣道三段

見崎拓海(みさきたくみ)

元下貝塚中学校剣道部主将、国分高校剣道部。幼少より大野剣に学ぶ。少年時代、島田会長をしてその才能を「モノが違う」と(密かに)言わしめた男。父・見崎一彦とは錬成大会で40分間の死闘を演じるなど幾度も熱戦を繰り広げてきた。(周りはそれを「恒例の親子喧嘩」と呼ぶ)。大野剣の若手筆頭。

無題.png

剣道三段

永田凛(ながたりん)

大野剣友会で剣道に出会う。船橋高校で県大会に出場。東北高校時代は剣道サークルに所属し仙台市民大会三段以下の部ベスト8。社会人になると同時に大野剣友会に復帰。忙しい仕事の合間を縫って稽古にいそしむ。「もっと剣道がうまくなりたいです」。好きな食べ物はハンバーグ。大野剣の未来を担う男。

園田先生.jpg

錬士六段

園田耕三(そのだこうぞう)故人

インターハイ個人戦東京代表。明治大剣道部で活躍。しばしのブランクを経て40代で剣道復帰。国内はもちろん海外でも指導実績多数。市民大会では表彰台の常連。八段を目指して修行していたが2016年12月3日、合格確実と言われた七段審査の直前で病に倒れ他界。その厳しくも温かい眼差しは大野剣の記憶に深く刻まれ、今も会員の心を鼓舞し続けている。合言葉は「前へ!」

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now